たまにはこんなブログもいいっしょ。

撮影者 Hiromasa Matumura ここのトンネルはなんか怖い。 距離が長過ぎて携帯が使えやしない。 あ〜。トンネルに入った。 などなど、 トンネルはあまり素晴らしいものとして 実際はあまり語られません。 いやいや、違うでしょ。 作ってくれて ありがとうだよ…

経営は向き不向き?

撮影者 Hiromasa Matumura むかし私の弟が カブで日本一周をしました。 ( このバイクはカブではないけど。) 移動しては現地でバイトしてお金を貯め、 また移動する。 を、ずっと繰り返していたんです。 弟と仲良くなった各経営者から 北から南までの特産物が…

頂いたブラシの行き先についての報告。

撮影者 Hiromasa Matumura この扉の内側に、 糠漬けの漬物が置いてあったり、 ちょっと歩くと、 初夏に朝顔が植えてあったり そんな自然と共にシンプルに生きる生活。 わたしにはムリです。。。 懐かしさや、憧れはあるけど、 出来るだけハイテクで 違う意味…

変なプライドは捨ててしまえ。という話。

撮影者 Hiromasa Matumura こんな海辺で必死に日傘をさしても 日焼けしてしまうんなら意味が無いんじゃないか。 と思ってしまったあなた!! もはや今は、 日傘は「 暑さ防止 」です。 男性もさした方がいい時代になりました。 そこまで紫外線の対策しなくて…

どうしても買いたい作品があるんです。

撮影者 Hiromasa Matumura 「 おいでやす。」 本物の芸妓さんや舞妓さんに お会いした事は無いですが、 ぜひ一度、接客されてみたいです。 色んな立ち振る舞いを 見ているだけで、 何か学ぶものがありそう。 それも将来の夢として 取っておこう。っと。 おは…

もう1人スタッフが増えていた。という話と退職金について。

撮影者 Hiromasa Matumura こういう移動の時間は 無駄なようで、実は、 絶対に確保できる時間でもあります。 寝るか、 本を読むか、 スマホを見るか。 私は岡ピーが寝た後が そんな時間ですね。 限られた自由時間。 コレハヒツヨウデス。 おはようございます…

正式にスタッフが仲間入りしました。

撮影者 Hiromasa Matumura こういう偶然に出来る影や、 動物や花などの自然のおりなす模様とか、 計算して作るラインとは また違ったワクワクを感じます。 あなたのその 偶然に立ち上がった寝ぐせ。 もしかしたら、 一部の人にウケるかもしれません。 ( 色ん…

またモリモリの手がぁ〜。

撮影者 Hiromasa Matumura お土産って、 作る側は大量生産でしょうが、 選ぶ側は、 ちょっとした塗装のヨレでも しっかりよりごのんで選んでしまいます。 ( もらった人は絶対に分からない。) その前に、 そのコーナーに人を集めるお土産じゃないと 手にも取…

良いもの1点買いに変わってきてる感じですね。

撮影者 Hiromasa Matumura こんな感じの 2人の後ろ姿を見て、 微笑ましく思えるようになりました。 前は、 ジロジロ見ちゃいかん。。( チラリ ) といったところでしょうか。 末永くお幸せに。 ってあまり分からないまま 電報を打ったりしていましたが、( 笑 …

個人店の悩みは利点でもある。

撮影者 Hiromasa Matumura お孫さんと虫取り探検。 私も昔はトンボもカナブンも捕まえて 糸を付けて飛ばして遊んでいました。 現代でそんな事は、 わざわざ田舎に行かないと 出来ない事でしょう。 この子、 お父さんと。じゃなくて おじいちゃんと。というと…

Azur hairのクレド公開。

撮影者 Hiromasa Matumura 駅のホームや、電車の中で 本を読む姿を見てて羨ましいです。 私は何度も見入ってしまって、 乗り過ごしてしまいました。 その代わり、今では 車の中でどんなに揺られてても 本を読める技を身につけました〜! おはようございます…

ホームページ用の写真撮りしました。アチャーー!

撮影者 Hiromasa Matumura 炎やロウソクの『 ゆらぎ 』って とても脳にいいと言いますね。 ということで、 たまに思い立って買ったりしてましたが 一度も付けたことなく 結局使ってたのは岡ピー。 ( 時々お風呂で使ってました。女子力高い。) 柄じゃないこと…

今年最初のミーティング内容。

撮影者 Hiromasa Matumura この木だけ、生き残れなかったか。 なぜ、 この木を植え替えなかったのかというと。。 などなど、 セピア色やモノクロにすると ググッと物語系に変わります。 モノクロは問いかけ型。投げかけ技。 セピアは思い出型。寄り添い寝技…

立場は関係ない。ない。

撮影者 Hiromasa Matumura 「 宮崎さん。 もしも今見ている世界が、 本当は長い夢だったらどうします?」 と、むかし一緒に働いていたスタッフが 何気にいい放った言葉が 妙に刺さりまして、 未だに 意味深的な写真を見ると、 ふとその言葉を思い出します。 …

一年前のあの時、そーだったのね。

「 お〜い!!こっち!こっちぃ〜〜〜!」 おそらく20代の3人娘。 流行を取り入れる年代なので、 5〜6年後にはだいぶレイヤースタイル になっいると思います。 5〜6年後には 10年前かな?と思うくらい変わる時期です。 20年周期で反対になり、 40年でぶり返…

家族がお店に来る。ということ。

撮影者 Hiromasa Matumura その一コマで 大きく人生が変わる。 という意味合いで よくチェスの写真をが使われますが、 その置く場所はまだまだ沢山ある。 と思っている私です。 ( 49歳はまだ人生折り返地点。) もう終わりだ。 そこしか道はない。 と思ってい…

ペットがいながら働いている場合。の話。

撮影者 Hiromasa Matumura 「 危険 」 と書かれたプレートがある場所で モクモクと高熱らしき 湯気のなかで働く男性。 この気迫が伝わってきて カッコイイですねぇーーーー。 わたしもこんな写真撮られたい。 ( そっちかいっ。) おはようございます。宮崎孝…

もう一つの私の夢。でっかく描くぞぉー!

撮影者 Hiromasa Matumura 見てください。奥の人の顔。 いい顔してますね〜。 色んな部品に囲まれた狭い場所で ずっと働いているんだと思いますが、 まず、好きじゃないと 居られないですよ。 幸せそうだなぁ。 きっと楽な仕事ではないと思いますが、 やっぱ…

雪と水にまつわる話。

撮影者 Hiromasa Matumura 私の結婚式は 沖縄で身内に海へ投げられる予定でした。 ( ホントの話 ) でも台風で急遽 場所が変更になってしまい、 ハンドマイクを握った岡のお兄さんの司会で 山口のサンシャインサザンセトの 砂浜の上で身内のみで式を挙げまし…

空を見てると感性豊かになってきました。( 実体験にもとづく )

撮影者 Hiromasa Matumura チラ見え。 って余計に見たくなりますよね。 だから私は 結構オープンにさらけ出します。 その方が面倒くさくないから。 でも、今はチラ見えしても あんまり興味なくなりました。 そうなるもんなんですかね。 おはようございます。…

これからですよ!お互いに気をつける事。

撮影者 Hiromasa. Matumura 「 私の指は、昔ピアノを弾いていたから 指が長いんだよ。」 と言うと、なるほど〜それでか〜!と 納得してくれました。( ウソウソ。) 音符を見るのもピアノも弾けないのに エアギターや、弾くフリは バツグンにうまい私です。 お…

今日は爆アゲで掃除します。

撮影者 Hiromasa. Matumura 私、いつも思うんですけど、 集合写真より普段何気なく サクッと撮った写真の方が あとから見た時 いろんな記憶が蘇りますよね。 引っ越す前の部屋とか、 何かの練習風景や酔ってる顔とか。( 笑 ) そして今はいつでも撮れるように…

これから先、どうする? 

撮影者 Hiromasa Matumura ディスプレイには 「 旬 」 という期間がある。 と、 デザイナーの方が言われていました。 時間が経つと風化して 人の心に刺さらなくなるらしく、 へぇ〜とその話に感心しながら聞きました。 そうそう。 髪型もしっかりと そのヘア…

筋トレとプペルとオーガスタについて。( 宇宙語みたいですね。)

撮影者 Hiromasa Matumura 母体を広く「 夢 」を売るならテレビ。 「 ピンポイント 」を狙うならネット。 これはやみくもに宣伝するのではなく、 狙って打つ広告の場所の話です。 ヘェ〜。なるほどぉ〜。 私の場合は、 このブログは広告ではないですが、 知…

ゆっくりできていますか?落ち葉と抜け毛とキティーちゃん。

撮影者 Hiromasa Matumura 枝から葉っぱが抜け落ちると、 それと自分の髪の毛に例えて 「 まるで私の髪の毛の様だ。」 と、枯れ葉をかなしく見る方がいて、 紅葉した葉をみて、 「 この後、結局抜け落ちるんだ。。」 とつぶやいたり、 口に出して言える方は …

新年明けましておめでとうございます!!と、今年の抱負。

新年明けましておめでとうございます! そして、昨年は沢山応援していただき 本当にありがとうございました。 今年の除夜の鐘の音は いつもと違う音に聞こえた。というか、 ゴーン。ゴーン。ゴーン。 2021年に突入出来ましたよ!! と金づちで扉を開いてるよ…

フラフラになりながらもジャンプしました。

撮影者 Hiromasa Matumura 今年の年末は、 行きたい所に行けない人も 多いと思いますが、 今じゃなくてもいいのだから 落ち着いたら、 土産話をたくさん持って また行けばい〜いよ。 懐かしいあの場所に行くだけでもいいしね。 移動出来るって、 ありがたい…

わざと忘れられない日にするために、そうだ。ジャンプしよう。

撮影者 Hiromasa Matumura 「 愛しとる。 愛しとる。 ホント〜に愛しとる。」 見た感じ、 どうやら酔っ払っているみたいです。 「 ワシ、お前のこと、 本当に愛しとるけー。 本当に、本当に お母ちゃんの事しか愛しとらんのじゃぁ。 愛してるよぉ〜〜。」 む…

困った時の助けは忘れられない。

撮影者 hiromasa Matumura その時代の流行りすたりがあって、 きっとこの場所が 満席になっていたその空間は さぞかし楽しかったんだろうな。 でもですね、 日本人の年齢構造からすると 明らかに昭和レトロが どの世代にもウケる訳で、 それが染み付いて 新…

成人式をしないという選択。

撮影者 Hiromasa Matumura おそらく JRの荷物置きだと思いますが、 むかし、岩国駅から広島駅に向かうときに ここに両手を置いて、 どう考えても上から私に向かって 「 アイラ〜ビュ〜 アイラ〜ビュ〜♬ 」 と外人さんが酔っ払って 気持ちよく歌ってきました…